KATEKYO学院 | 県家庭教師協会  1対1の個別指導塾&プロ家庭教師派遣
0120-00-1111
キャンペーン申込 資料請求
MENU

KATEKYO NEWS

  • お知らせ

    コロナウイルス問題からの学校休業を受けて弊社の運営方針(4月16日更新)

    KATEKYO学院・家庭教師協会では、将来を担う青少年の学びの場を提供する社会的使命を果たすことを第一に考え、生徒・保護者様に出来ることを検討してまいりました。学校が突然休みになり、様々な不安を持たれている生徒・保護者様が多数いらっしゃいます。そのような実情と社会動向とを併せ検討の結果、通常授業を継続しております。感染拡大防止の最重要局面であるという政府見解に基づき、生徒・保護者様・従業員の安全を最優先して以下の対策を実施します。

     

         教室の運営について

    ・万全を期したうえ、開校し通常授業を継続いたします。
    (一部授業を変更する場合がございます)

    ・指導席・自習席は出来る限り距離をとり間隔を空けます。

    ・指導机・自習机の使用後は、アルコールにて消毒清掃しています。

    (※KATEKYOではこれまでも指導机・自習机のアルコールを用いた清掃を行っています)

    ・勤務時は全教師・スタッフがマスクを着用します。

    感染防止のため生徒様にもマスク着用をお願いしています

    ・感染等の不安のため、授業をお休みしたい場合は、担当の先生か教務課までご連絡ください。自宅指導(家庭教師)への切り替えも受け付けております。またWEB授業への切り替えについてもご相談ください。

    ・開室時間については通常より短縮する場合があります。

    ・政府または行政機関からの要請が出た場合等、 今後の状況により一定期間休校等の措置を講じる場合があります。

     

     教室での感染拡大防止対策

    ・生徒に感染の疑いがある症状が出ている場合は、通塾停止・入室禁止とします。

    指導については延期し後日振替授業をいたします。

    ・生徒のご同居人に感染の疑いがある症状が出ている場合は、

    体温測定などの症状観測をしていただくようお願いします。

    ・生徒のご同居人が感染した場合は、指導を延期し後日振替授業をいたします。

    ・生徒・教室スタッフが感染した場合は、自治体・医療機関の指示に従いながら、教室は休校といたします。

    休校期間中は,施設内の消毒および衛生管理を行います。

    ・近隣の学校・施設で感染者が発生した場合も行政から特段指示ある場合を除き,特別な対応は行いません。なお,教室はすべて通常通り開校します。

    ・生徒の通う学校・施設において、感染者が発生した場合は当該教室に通う生徒を「入室禁止」とします。

     

     教師・教務スタッフに対する対応

    ・新型コロナウイルスに関する基礎知識を周知し、感染拡大防止に努めます。

    ・日常生活における注意事項を徹底する(手洗い徹底・人込みを避けた生活等)

    ・生徒が来校した際には、原則、水道で石鹸を使用して手洗いを行うこと。
    手洗いができない場合はアルコールスプレーで消毒させること。

    ・生徒宅指導時も手洗い・消毒後に指導を開始すること。

    ・ウイルス感染を防ぐため指導席の間隔を空けるように努めること。

    ・気管支症状や37.5℃以上の発熱時は、休講とし授業は別日に振替える。

    ・家族・同居人が感染した場合は、自治体や医療機関の指示に従い、休暇とする。

    ・不特定多数が参加するイベントには参加しない。

     

     感染予防および対応

    新型コロナウイルスは飛沫および接触でヒト−ヒト感染を起こすと考えられています。

    国内での感染をできる限り抑えることが重要な段階になっています。

    感染対策上重要なのは、まず呼吸器衛生/咳エチケットを含む標準予防策の徹底です。

    引き続き,以下の点を徹底いただきますようお願いいたします。

     

    • 入室時、石けんやハンドソープを使った丁寧な手洗いを行ってください

    それができない場合、設置されている消毒用アルコールをお使いください

    • 普段から洗っていない手で、目や鼻、口を触らないようにしましょう
    • 発熱や風邪の症状がみられる場合には、無理をせず休養しましょう
    • 基本的な感染症対策(手洗い,うがい,咳エチケットなど)の徹底
    • 自身の免疫力を高める(十分な睡眠,適度な運動,バランスの取れた食事等)
    • 発熱等、風邪の症状がみられるときは無理せず自宅で休養する
    • 次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」や各県の「相談窓口」に相談する

    ・風邪の症状や 37.5℃以上の発熱が4日以上続いている

    (解熱剤を飲み続けなければならないときを含む)

    ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

    ・基礎疾患等がある方は、上の症状が2日程度続く場合

     

     マスク・アルコール等の備品について

    現在マスク入手が非常に困難になっておりますが、極力着用してご通塾ください。

    ハンカチ・タオルなどの代用でも構いませんので、咳エチケットを守ってください。

    入室時は消毒用アルコールを使用してください。

    欠品している場合は大変申し訳ありませんが、教室入室後に手洗いをお願いいたします。

     

    【マスクの使用に関して】

    ・在室時および指導時・自習時にはマスクを必ず着用する

    ・口と鼻を注意深くマスクで覆い、顔とマスクの隙間を最小限にするようぴったり装着する

    ・マスクの使用中はマスクの表面に触れることを避け、外す時はヒモを持って外す

    ・使用したマスクに接触した時(例えばマスクを外した時など)は、石鹸水、あるいはアルコールベースの消毒法(皮膚清浄綿、ウェットティッシュ、すりこみ式製剤など)を用いて手指の消毒を行う

     

     

     学校休校中のサポート指導について

    学校の休校に伴い、多くの課題が出されたり、自主学習が必要な状況が生じたりすることも想定されます。それらのサポートにくわえ、学校未履修範囲の予習サポートも行いますのでお任せください。

     

    令和2年4月16日

    株式会社KATEKYO西日本

    代表取締役 小野 禎久